おすすめのレンタカー利用方法とは初心者でも分かりやすく伝授

旅行へ行く場合は、様々な交通手段がありますが、多くは車やバス・列車・飛行機になります。この中でプライバシーを保つことができるのは車ではないでしょうか。旅先が列車で行くのに不便な所であれば、車を利用した方がよいでしょう。車を利用しないといけない場所も多いことから、旅先の交通手段に車を選ぶ人が少なくありません。ただし、自家用車を選ぶといっても、自家用車に乗って行きにくい場所もあります。例えば東京の人が北海道や九州、四国に行く場合を考えるとわかりますが、距離が遠すぎて運転していくのがつらいのです。そのように考えると、旅先までは電車や飛行機で行き、目的地の近くからはレンタカーを借りた方が合理的な旅をすることができます。また行きたい場所を回ることができるでしょう。ではレンタカーを借りる場合にはどうしたらいいでしょうか。

車の買い方はそれほど難しくない

レンタカーを借りる時には、どのような準備が必要かですが、実はそれほど大したもの準備する必要はありません。基本的に免許証があれば車を借りることはできます。後お金も必要ですが、お金は最初に支払うパターンと、レンタルした車を乗り終えてから支払うパターンがあります。前者の場合はパックやプランなどにカーレンタルが含まれている場合です。通常先払いになりますので、カーレンタルの営業所に行ってわざわざ払う必要はありません。車は返却するときに傷などが付いていなければそのまま問題なく返すことができます。実は、自動車を借りる時には傷が付いているかどうかをチェックしますが、後からトラブルが起きないように入念にチェックをしましょう。最初からついていた傷を見逃して、その分を弁償しなければならないとすれば、ばからしいからです。

どのような車を借りるかを考えよう

旅行で車を借りることを考えると、旅行の荷物が入ることと、旅行に行く人が全員のることができる広さであれば問題ありません。自動車を借りる場合にはグレードによって分かれますが、一番低いグレードは軽自動車です。ですが軽自動車はパワーがないため旅先がアップダウンの激しい場所だと少々厳しいでしょう。この場合はコンパクトカーを選ぶべきです。コンパクトカーであれば大人4人が乗ってもそれほどパワーで劣るということはありません。ただ荷物が重たい場合には、コンパクトカーでも不十分な場合があります。その場合はその次のグレードにしましょう。基本的に2リットル以上の車であればパワー負けすることはそれほどありません。このように旅行の目的によって借りる車を決めることが大切になります。