レンタカー利用の成功例や失敗例のまとめ

カーレンタルは私たちの生活の中でとても重要なものになっています。もちろん免許を持っている人に限定されますが、いざという時にカーレンタルの存在はとても心強いです。レンタカーを使う場面というのはいくつかありますが、一つの買い物に行く時です。自家用車を持っていない場合や自家用車を持っていたとしても荷物を積載することができない場合は、レンタカーを借りた方がよいでしょう。コンパクトカーや軽自動車であれば、半日4000円前後で借りることができるため、買い物のは面では非常に重宝します。また旅行に行く時もレンタカーを借りることで、無駄なく目的地をめぐることができ、たくさんの思い出をつくることができるのではないでしょうか。では、カーレンタル利用時の成功例と失敗例はどのようなものがあるでしょうか。

カーレンタルをした時の失敗例とは

カーレンタルをした時に失敗したと思う場面もあるのではないでしょうか。例えばどのような場面かといえば、オーバースペックな車を借りてしまった場合です。旅行にときに荷物が多いので、できるだけ大きな車を借りようと思い、大型ミニバンを借りてしまったとします。ですがミニバンでは大きすぎるため、借りなければよかったと思うことも少なくないでしょう。ミニバンは意外と荷物が入ります。ソファーや家具の一つや二つでも入れることができるのです。いくら旅行中の荷物が多いとはいえ、普通サイズの車でも十分です。もう一つの失敗例は、借りる時間があまりにも短かかった場合です。買い物をするのにカーレンタルを利用したのですが、1時間程度で返却をした場合は、余分にお金を払ったことになります。もし1時間前後で車を借りる場合であれば、カーシェアリングでも十分です。

カーレンタルをした時の成功例とは

では次に、カーレンタルをした時の成功例にはどのようなものがあるでしょうか。まずは旅行に行った時の荷物がぴったりの時です。意外と4人程度で旅行に行く場合は、コンパクトカーを使えば十分荷物が入り切ります。もちろんそれでも荷物が多くなってしまう場合はワンサイズ上の車にした方がよいかもしれませんが、基本的にはコンパクトカーで十分です。コンパクトカーをうまく利用すれば2泊3日の旅行でも1万円前後で抑えることも十分に可能です。もう一つの成功例は、引っ越しの時にトラックを借りた場合です。引っ越し会社にお願いをすれば、家族の引っ越しの場合6万円から10万円ぐらいかかってしまいます。ですが、軽トラックや2tトラックを利用すれば一回の引っ越しで1万円程度に予算を抑えることができるのです。